スピリチュアル・引き寄せ 内向型人間の生き方

海王星が効いている人は創作活動をするといい理由を実体験を元に解説

スポンサーリンク

こんにちは!ふるもーす(@frumosart)です!

今回はホロスコープ上で「海王星が効いている人が創作活動をするとおすすめな理由」についてを、実体験を交えてあれこれ語っていきたいと思います。

西洋占星術の世界において海王星は無意識を司る天体とされています。

ホロスコープ上で「海王星が強い人」はその無意識のパワーをうまくコントロールできずに振り回されてしまいがち。

ですが、アートや創作活動をすることで海王星の力をうまく発散し、自分自身のためにうまく活用できるようになるんですよ。

この記事では、海王星が強い人が創作活動をするといい理由について解説しています。

もしアナタが現在

・海王星のパワーに振り回されている
・厄介な海王星パワーを味方につけたい
・人生をもっと生きやすくしたい

と考えているのなら是非読んでみて下さいね。

基礎からわかる 西洋占星術の完全独習 Kindle版
created by Rinker
スポンサーリンク

海王星が強い人はイメージの力をうまく発散しないと振り回される

海王星パワーをよりよい形で活用するにはアート活動をしてみることをおすすめします。

というのも、私含めて海王星が強い人は想像力が豊かな人が多いんですね。

それゆえ、良くも悪くも脳内で色々妄想を膨らませすぎて一人で勝手に病んで自滅してしまうことがよくあるんです。

悲しい妄想をしているうちに徐々に考えが悲観的な方向にいってしまったり、ありもしないことを想像して不安になったり恐怖感に駆られたり・・・。

妙な考えに憑りつかれて一晩中眠れなくなってしまったり、動悸がしたり、涙がぽろぽろこぼれたりすることもしょっちゅう。

特に気持ちが落ちていたりすると悪い妄想や厭世的なことを考えてしまいがちで、そこからどんどんネガティブ思考になっていってしまうから危険なんですよね。

しかも自分でそれを止められない。

また、理想が高く夢見がちでロマンチストな面が裏目に出てしまい、現実感が薄れてしまったり、誇大妄想に耽ってしまったり、自分自身が何者か分からなくなったりすることもしばしばで・・・。

・悪い妄想が止まらない
・考えがまとまらない
・夢想的な考えばかりが浮かんでくる
・ふと自分自身の方向性が分からなくなる

このような状態を避けるためには、ほとばしるイマジネーションの力を別の形で発散させる必要があるんです。

その解決法の一つがアートというわけなんです。

アートを始めてから必要以上に悩まなくなった

私自身、20代の頃は海王星パワーにさんざん振り回されていました。

それまでの私は、

・根拠のない無力感
・突然の孤独感
・罪悪感
・自罰意識

にさいなまれることも多く、急に全てに対して悲観的になったり、自己憐憫に浸ったり、絶望感で一杯になったりと精神的な浮き沈みも激しかったんですね。

それに恋愛が入ってくるともはやジェットコースター状態。

最初は女性特有のホルモンバランスのせいかしら?とも考えたのですが、どうやらそれだけではなさそうだと思い至り・・・。

自分の気質にも原因があるのかも??と気付いてからは「妄想力を自分の内側に向けちゃダメだ!外側に発散しなければ!」と考えるようになりました。

そこで自己表現の一環として創作活動を始めたところ、自分でも驚くほどメンタルが安定したのです。

自分の好きなこと=絵を描いたり物語を書くことを楽しんでやっているうちに、徐々に感情面のバランスも保てるようになり、無駄に悩むことがなくなりました。

頭の中にある想像・妄想の世界を作品という形にアウトプットする。

本来自分が持っている集中力や想像力を作品作りにフル活用することで、内側に溜まっていたエネルギーを一気に放出できるようになり、心も大いに満たされ癒されます。

おかげで妙な妄想にさいなまれることもなくなり、生きづらさも消えて、毎日をとても心地よく過ごせるようになりました。

ただでさえ妄想・想像力が溢れてしまっている海王星な人々。

溢れ出るイマジネーションの扱い方を間違えると自分の中で持て余すどころか、自分に対しての攻撃という形になって出てしまうこともありますから気を付けましょう。

創作活動をしないと自分が負の妄想に振り回されることになるので、海王星のエネルギーをアートとして発散することはとてもいい方法だと思うのです。

海王星が強い人は芸術以外でもスピリチュアルに適正アリ?

私の場合は

・絵を描くこと
・物語を作ること

が海王星パワーの昇華方法でしたが、それ以外でも海王星パワーの活用方法は色々あります。

自分がやってみてよかったと感じたものをいくつか紹介するので是非参考にしていただければと思います。

音楽やダンス

海王星は芸術を表しますが、アートといっても絵だけではなく音楽やダンスという意味合いもあります。

というわけで

・踊りに行く
・音楽を聴く
・楽器を演奏する
・歌を歌う

こういったことで海王星の力を発散させるのもよいのではないかと。

私もたまにクラブに踊りに行ったり音楽を聴きに行ったり(フェスやライブハウス、クラシックコンサートやアイドルのライブ等)しますが、こういう場では何故か普段は知り合えない面白い人達=海王星的な人々と出会えることも多いんですよね。

また、趣味のサークル等で楽器を演奏する機会を設けたり、カラオケで歌を歌ったり、はたまたサルサやタンゴ等を習ったりするのもいい方法だと思います。

私もカラオケはよく行きますし、中学時代はブラスバンド部でしたし、大学時代の彼氏はクラブ好きのダンサーだったこともあるので笑、今思うとちょこちょこ海王星的なことや人と関わりがあったんだなぁと。

あと、夢を見せるという意味では海王星な人々はミュージシャンや歌手、アイドルや俳優にも向いているそうな。

社会人の劇団に入って演劇をやってみるとか、自分でバンドを組んだりアイドル活動やってみるのもエネルギー発散という意味では効果ありそうですね。

文章に関すること

絵画や音楽以外にも文章の分野で作品作りをするのもおすすめです。

・小説やエッセイを執筆する
・ポエムを作って朗読会に参加
・ブログや日記で日々の想いを綴る

文字というツールを使って自己を表現するにしても人それぞれ色々な方法があると思います。

特に詩や小説等は自分の想いの丈を目一杯炸裂させることが出来るゆえ、思いがけない心に響く作品が生まれる可能性も・・・!?

日常生活での鬱屈した想いや脳内のほとばしる妄想を文章という形でアウトプットすることで、自分自身も大いに癒されるハズ。

私も学生時代から小説書いたりポエム書いたりしてましたが、誰に見せるわけじゃなくても書いててすごく楽しかった覚えがあります。

何か気分がモヤモヤしたり悩みで頭が一杯になった時は、ノートにガーっと今の気持ちを書きなぐるだけでも心がかなりスッキリします。

書くことは癒しに繋がるので、海王星パワーが強くてネガティブな方に行きそうな時は「何かを書く」というのはおすすめの方法です。

スピリチュアルや癒し

海王星パワーが強い人は、感受性豊かであるがゆえにメンタルの浮き沈みが激しくなりがち。

なので、なるべく毎日を穏やかに過ごすためにもいかに自分の心をコントロールするかが大事になってきます。

そのためには自己理解を深めると同時に、癒しやスピリチュアルの要素をうまく活用していくといいですよ。

具体的には

・瞑想やヨガ
・占い
・セラピー
・神社やパワースポット巡り
・引き寄せ

といったスピリチュアル的な方面に造詣を深めることで、自分自身の気持ちを安定させることが出来ます。

私自身元々オカルトや心理学等には興味があったのですが、インド旅行をきっかけにヨガや瞑想、占いや引き寄せといったスピリチュアルな世界に興味を持つようになりました。

自分の出来る範囲で毎日の生活に取り入れところ、かなり生きやすくなった&自分の根元がグッと安定したので「これは使える!」と思ったんですよね。

占いも勉強してみると色々な発見があってなかなか面白いですし、依存するのはよくないですが自分にとって丁度いいレベルでこういったものをうまく使ってみるのはアリだと思います。

ちなみに、海王星が強い人は引き寄せ力が強いと聞いたことがあるので、引き寄せを本気で勉強してみるのもおすすめです。

妄想や想像を現実の世界に具現化する力を秘めているので、訓練すればそのパワーを自在に使いこなせるようになるかも知れませんよ。

私も何故か昔から自分の予期せぬところでやりたいことが叶ったりすることも多いので、もっと意図的にうまく引き寄せパワーを活用したいなと考えているところです。

引き寄せパワーを手助けするものとして

・アロマグッズ
・マッサージ
・フラワーエッセンス

等がありますが、こういった癒し系ツールを生活に取り入れてスピリチュアルな力を高めるのも〇。

水と関連するものを周りに取り入れる

海王星が強い人は水のあるところに住むのもいいらしいですね。

そもそも海王星=水に関するものを表しますから、

・海や湖の近くに家を建てる
・自宅の水槽で魚を飼う
・アクアリウムを作る
・波やせせらぎの音をBGMにする

等、水に関連するものを取り入れることで海王星パワーが安定するんだとか。

また、水と関係あるのかよく分かりませんが、私は紅茶が大好きなので色々な紅茶を常に常備しておいて暇さえあれば飲んでいます。

紅茶を飲むとホッと気持ちが落ち着くし、フレーバーも気分によって変えられるし、香りにも癒されるので私にとっては生活していく中で欠かせないモノの一つです。

紅茶も水分であることに代わりない(こじつけ?笑)ので、これもある意味精神安定に一役買っているのかも知れませんね。

海王星を生かすなら海王星っぽい仕事をするのもアリ

海王星が強い人は画家やデザイナー、音楽家といった芸術関連の仕事が向いていると言われています。

芸術以外にも心理学者やカウンセラー、セラピスト、占い師、介護や福祉関連の癒し系の職業や、船乗りや防水、水道、貿易など海に関する仕事やお酒を扱う水商売等も海王星を表すそうです。

なので、上記のような仕事をすることで海王星のパワーをうまく活かせるのではないでしょうか。

海王星が強い人は私を含めいわゆる普通の生き方=勤め人が向いていない人が多いと思います。

無理に普通にしようとすると

・体調を崩す
・人間関係でつまづく
・妙なトラブルに巻き込まれる
・仕事を失う

こともありますから、仕事選びは本当に大事です(私も含めて)。

海王星は溶ける・消えてなくなるという意味もありますし、溶けてなくなる=仕事がなくなると考えると怖いですよね。

自分の適性を理解したうえで

・自分が一番輝ける場所
・自分のよさを一番発揮できる場所

を見つけてそれを仕事にするのが重要なのではないかと。

また、海王星が表す意味としては夢やロマンというものも挙げられます。

夢を見させる=夢を売ると考えると、画面越しに相手の見たいものを見せるユーチューバーやインスタグラマーと言ったネットを活用したお仕事にも適性がありそうですね。

私もインスタアカウントをいくつか持っているのですが、そのうちの一つから色々なお仕事の依頼が単発で来たりするので結構侮れません。

ブログも然りです。

音楽やダンス、演技、絵や文章といった表現活動をこういった媒体を使って発信していくことで、お金になるチャンスも生まれますからやってみて損はないハズ。

普通に勤めるよりも得意なこと、出来ることを生かしていくことを考えましょう。

アートや創作活動をすることで海王星に振り回されなくなる

というわけで、海王星が強い人にはアート系の創作活動は非常におすすめだよ、ということを体験談を交えて語らせていただきました!

海王星が強い人は、自分が本来持っているイマジネーションの力をいかに使っていくか?

これをしっかりと考えていく必要があります。

溢れ出るイメージの力で自分を傷つけるのではなく、外側に発散させて自分自身や他人を癒すために使いましょう。

自分の内側にあるものをどんな形で表現するのかはその人次第ですが、妄想を現実の世界へアウトプットすることで他者(社会)との繋がりも作ることが出来るからおすすめです。

SNSに自分の作品を発信するだけでも自分の世界観を好きになってくれる人はいますし、場合によってはファンになってくれることだってありますしね。

海王星のパワーを自分の内側ではなく外側へ向けることで、心も安定し日々の生活が格段に生きやすくなりますよ。

自分に合った方法で何かしらの創作活動やアート活動を始めてみてはいかがでしょう?

基礎からわかる 西洋占星術の完全独習 Kindle版
created by Rinker

ちなみに、私がやっている創作活動についてはこちらのインスタアカウントでチェック出来ます⇒@frumosart

YouTubeもやっているのでよかったらチャンネル登録・フォローよろしくお願いします↓↓

スピリチュアル関連の記事はこちら♪

スポンサーリンク

-スピリチュアル・引き寄せ, 内向型人間の生き方
-, ,